エントリー マイページ

2022年度九州北部エリア大会概要

福岡県・佐賀県・長崎県

募集内容

SDGsの目標達成に向けた高校生によるアクションアイデアプラン

※活動実績の有無は問いません。あくまでアイデアプランの募集となります。

参加条件

九州北部エリア内の高校に通う1年生・2年生、2~6人で構成するチーム
学年、他校生徒の混成可。

※1人での参加はできません。※中学生は同じ中高一貫校に所属する高校生と一緒の場合のみ参加可

エントリー方法

申込期間中にエントリーフォームより必要事項を入力し、プランデータを添付して送信。

エントリーはこちら

エントリー期間

2022年10月1日(土)~2023年1月10日(火) 18時必着

応募形式

マイクロソフトPowerPointのスライド5枚データ

※文字や写真、図表など表現方法は自由
※5分間でプレゼンテーションが完結するようにポイントを絞ること

2022年度「SDGs Quest みらい甲子園」規定のプラン提出用パワーポイントをダウンロードする (pptx形式 1.1MB)

応募内容

SDGsアクションアイデアプラン
既定のパワーポイントの様式に従い、以下の5ページ構成でまとめる(足りない場合は1ページのみ追加可)
1. 表紙 プラン名、チーム名
2. 探究テーマとそれを選んだ理由
3.「SDGsアクション」アイデアと「目標」
4.「SDGsアクション」を広める方法
5.「SDGsアクション」が広がるとどう変わるのか

スケジュール

10月1日(土) エントリー開始
1月10日(火) エントリー〆切
2月上旬予定 一次審査実施

※一次審査通過12チームへプレゼン動画製作依頼

3月上旬予定 二次審査用プレゼン動画提出〆切
3月中旬予定 二次審査実施
3月21日(火・祝) 九州北部エリア大会ファイナルセレモニー開催(表彰式や参加者同士の交流など) @西日本工業大学 小倉キャンパス(リバーウォーク北九州隣接)

※一次審査通過チーム参加
※状況によりオンライン開催

各賞

SDGs Quest アクションアイデア最優秀賞
SDGs Quest アクションアイデア優秀賞
北九州市長賞

主催

SDGs Quest みらい甲子園九州北部エリア大会実行委員会

共催

朝日新聞社メディアビジネス局
西日本新聞社メディアビジネス局

後援

国連広報センター
福岡県
福岡県教育委員会
佐賀県
佐賀県教育委員会
長崎県
長崎県教育委員会
JICA九州

特別後援

北九州市

協賛

西日本工業大学

主催

SDGs Quest みらい甲子園 九州北部エリア大会実行委員会

九州北部エリア内でSDGsに関わる事業や活動を行う専門的知見を有する方で構成しました。
官民連携の中立的な組織として、本大会の推進に関わる重要事項を共有するとともに、プランの審査を行っております。

馬奈木 俊介

馬奈木 俊介

実行委員長 九州大学 主幹教授

自分の関心分野とほかの分野とのつながりを知り、ほかの分野の人と話せる力をつけて欲しいです。私は経済と工学がわかるおかげで、異分野の人と話をする機会が増えたと感じます。
http://www.managi-lab.com/

木村 圭吾

木村 圭吾

実行委員 西日本新聞社 メディアビジネス局 メディアビジネス部 部次長

九州北部エリア大会は、今年2回目の開催となります。昨年は福岡、佐賀、長崎の高校生の皆さんから、想いあふれるアイデアを多数お寄せいただきました。今年も、様々アイデアに出会えることを楽しみにしています。

たいら 由以子

たいら 由以子

実行委員 NPO法人循環生活研究所 理事

今ならまだぎりぎり間に合う、地球温暖化のドローダウン。実践的で有効な行動を広めて地球の寿命を少しでも延ばそう!応援します!
https://www.jun-namaken.com/

中村 亮

中村 亮

実行委員 朝日新聞西部本社 メディアビジネス部 次長

SDGsの目標期限まで10年を切りましたが、私たちの身の回りにはまだまだ社会課題が山積しています。2030年の主役は、高校生の皆さんです。柔軟な発想による、社会課題解決アイデアを期待しています。

藤瀬 伸恵

藤瀬 伸恵

実行委員 認定NPO法人地球市民の会 事務局次長

これからの社会をつくるのは無限の可能性をもっている皆さんです。自分を信じて、一生懸命に、そして楽しみながら社会の課題解決に挑んでください。不可能を可能にする熱意溢れるアイデアを楽しみにしています。

山口 純哉

山口 純哉

実行委員 長崎大学経済学部 准教授

地域や世界の理想像を思い描きながら、皆さんが担うべき取り組みのアイデアについて、学内外の仲間と侃々諤々の意見を交わしてください。その中で多様な考え方に触れることは、他に代えがたい学びの機会となります。

共催パートナー

朝日新聞西日本新聞社メディアビジネス局

特別後援

  • 北九州市

協賛企業

nishinihonkougyou_univ