東海エリア

tokai SDGs Quest みらい甲子園

20223.29(Tue)

2021年度 東海エリア大会 概要

tokai

Let's go out to find a bright future with friends

募集内容

SDGsの目標達成に向けた高校生によるアクションアイデアプラン

※活動実績の有無は問いません。あくまでアイデアプランの募集となります。

参加条件

愛知県・岐阜県・三重県内の高校に通う高校1年生・2年生2~6人で構成するチーム。

男女、学年、他校生徒の混成可。

※一人での参加はできません。中高一貫校による参加の場合は、中学生の参加も可。

申し込み方法

事前に「参加登録」を行い、後日「プラン提出」という2段階申請になります。

  1. 参加を希望するチームは、「参加登録」を行ってください。
    参加登録期限:2021年12月17日(金)18時必着【参加登録期間を延長しました】
  2. 様式に沿って、期限までにプランデータと追加情報を提出してください。
    プラン提出期限:2022年1月10日(月)18時必着

詳しいエントリー方法はこちら

スケジュール
10月20日
参加登録受付開始
12月17日
参加登録〆切(まずは参加意向のみ申請)※期間延長しました
1月10日
プラン提出〆切/データチェック
1月下旬
一次審査実施/二次審査選出チームへの動画製作打診
1月下旬~2月下旬
二次審査用プレゼン動画提出期限
2月下旬~3月中旬
二次審査の実施
3月29日
東海エリア大会ファイナル(セレモニー)開催
主催

SDGs Quest みらい甲子園東海エリア大会実行委員会

 

■実行委員長

  • 三重大学 学長補佐  松田 裕子

 

■実行委員

  • 中部大学 国際ESD・SDGsセンター 准教授  古澤 礼太
  • 東海国立大学機構 名古屋大学 大学院環境学研究科 附属持続的共発展教育研究センター 特任准教授  杉山 範子
  • 名古屋テレビ放送株式会社 経営戦略局長  清水 伸司
  • 朝日新聞名古屋本社 メディアビジネス局長  八幡 慎一郎
  • SDGs.TV代表 みらい甲子園総合プロデューサー  水野 雅弘
共催

朝日新聞名古屋本社、メ〜テレ

後援

国連広報センター、愛知県、岐阜県、三重県、名古屋市、岐阜市、愛知県教育委員会、 岐阜県教育委員会、三重県教育委員会、名古屋市教育委員会、岐阜市教育委員会、JICA中部

参加登録方法

HOW TO ENTRY

事前に「参加登録」を行い、後日「プラン提出」という2段階申請になります。

東海エリア大会 参加登録

① 参加を希望するチームは、東海エリア大会のエントリーフォームから「参加登録」を行ってください。

【登録期間延長!】

参加登録期限:2021年1217日(金)18時必着

参加登録時に必要な項目

  • 学校名(正式名)
  • リーダー氏名
  • リーダーふりがな
  • リーダー連絡先メールアドレス
  • 予定するチームメンバー数(リーダーを除く)

※この時点では、提案するプランやチームメンバーが固まっていなくてもかまいません。
※事前の参加登録を行わずにプランを提出することはできません。
 参加の意向がある場合は、必ず事前に参加登録を行ってください。

重要

参加登録後、登録したメールアドレスに【エントリーナンバー】【提出様式ダウンロードURL】【プラン提出用フォームURL】など、プラン提出に向けた説明が記載されたメールが届きます。 必ず@sdgs.acからのメールを受け取れるように設定してください。

東海エリア大会 プラン提出

② 様式に沿って、期限までにプランデータと追加情報を提出してください。

データ提出期限:2022年110日(月)18時必着

学校が授業の一環として大会に参加する場合は、学校受付を行ってください。
> 学校受付はこちらから

協賛企業

  • 株式会社名晃
  • ジャパンホーム湾株式会社