2021年度大会 首都圏

ペロブスカイト太新天地班

都立上水高等学校

Let's go out to find a bright future with friends

THEME学校電力の地産地消(67×34741=1980237)

未利用の学校敷地面積を太陽光発電に活用してもまだ電気量が足りないと知り、塗るタイプの太陽光発電機(ペロブスカイト太陽電気)を使用することにより、地産地消でクリーンな電気を学校で活用する。

【講評】
まだ、利用されていない学校の屋上で自然エネルギー発電により、電力の地産地消を行うことに、理論上の具体的な提案が魅力的でした。まだ、65%の屋上は使われていないということです。気候危機への対応は、待ったなしだといわれているにもかかわらず、具体的な動きが遅く見えてしまうことに対して、自分たちの身近なところから具体的にアクションを起こす発想も評価されました。また、多言語での動画作成も共感されました。ぜひ、実現に向けて活動を続けていただくことを期待しています。
(新田 英理子 /実行委員・一般社団法人 SDGs市民社会ネットワーク 理事・事務局長)

FOCUS GOAL