2021年度大会 北海道エリア

植物活用研究班

北海道中標津農業高等学校

Let's go out to find a bright future with friends

THEME微生物の力で生産性向上 光合成細菌を用いた地場産野菜の生産

2021年度北海道大会 秋山記念生命科学振興財団賞

光合成細菌に着目し、この細菌の特性を活かし『農業生産性の向上」と『地場産野菜の普及』を目指すプラン。葉菜類栽培における光合成細菌の有効性と光合成細菌を用いた無施肥栽培の検証をし、地場産野菜の普及につなげることを掲げている。

【講評】
北海道において「食・農」は極めて重要な永遠のテーマです。学校の授業内で完結するにとどめることなく、産学官の連携体制構築による技術定着も是非実現してください。地域の農業関係団体や関係者だけでなく、日本全国、さらに世界とのネットワークを視野に入れての発展的な展開を期待します。今回のプロジェクトの実践モデルを宝物として、これからも継続して頑張ってください。2030年、2050年は君たちの時代です!
(秋山 孝二/協賛企業・秋山記念生命科学振興財団理事長)

FOCUS GOAL