2021年度大会 九州北部エリア

ecoを考えるリケジョたち

福岡雙葉高等学校

Let's go out to find a bright future with friends

THEMEECOを身近に 〜エコグッズを作って地球の未来に貢献しよう〜

2021年度九州北部エリア大会 西日本新聞社賞

温暖化による絶滅危惧種の増加、マイクロプラスチックの増加で海洋生物が減少していることから、食品用カップとバランをプラスチックから食べられるものに作り替えるというプラン。野菜で作成実験をした結果ジャガイモの試作カップが一番良かった。海の豊かさ、陸の豊かさのためにすべての生物に害のない製品を目指す。

【講評】
お弁当から出るプラスチックごみに着目し、自分たちの身近なところから環境問題を改善しようとするアイデアに共感を持ちました。また、実際に様々な食材を用いて食品カップの試作を重ね、耐久性や保存性などの項目で評価するなどし、自分たちで最適解を見つけようとする姿勢にメンバーの積極性を感じます。今後の課題も見つけているようですので、アイデア実現のために具体的な取り組みを続けてほしいと思います。
(木村 圭吾/実行委員・西日本新聞社メディアビジネス局 メディアビジネス部次長)

FOCUS GOAL