選抜チームのSDGs アクション

住み続けられるまちづくりを

住み続けられるまちづくりを
災害時に誰一人取り残さないための地域コミュニティづくり 2020年度関西エリア大会 SDGsアイデア賞

あまおだ看護 (2020年度 関西エリア)

兵庫県立尼崎小田高等学校

災害時に必要な、自助、共助、互近助の大切さを伝えると共に、互近助の役割の担い手として自分達高校生に出来る事を提唱。災害時要配慮者を知り、地域住民に知っていただいたり、避難行動要支援者と繋がり、避難の支援に向かう体制づくり […]

農産加工研究班画像
地域を教材にして地域を学ぶ「なかのうスタイル」〜住みやすさNO.1のまちを目指す新たなTRY〜

農産加工研究班 (2019年度 北海道エリア)

北海道立中標津農業高等学校

SDGs目標8や11の達成に向けて、小麦を活用した加工食品の開発から空き店舗を有効利用地域をした試食販売まで、郷土愛を醸成して人口減少策を提案。地域を教材として地域を学ぶ「なかのうスタイル」からグローカル人材育成を目指す […]

若林のめがね画像
札幌市に防災公園を〜防災公園をつくり、定期的な防災イベントによる意識啓発〜 2019年度北海道エリア大会 SDGsアイデア賞

若林のめがね (2019年度 北海道エリア)

札幌市立札幌開成中等教育学校

SDGs目標11の達成に向けて、札幌市を災害に強い街、災害に強い住民にする防災公園を提案。身近な公園に「かまどベンチ」や「マンホールトイレ」など色々なアイデアを組み込み、防災イベントも企画。安心して住み続けられるためのア […]

商品開発プロジェクト「神島屋」
400年続いた梅システムを次世代に〜梅やきとりで地域文化を継承〜

商品開発プロジェクト「神島屋」 (2019年度 関西エリア)

和歌山県立神島高等学校

和歌山県の地元であるみなべ、田辺の梅が循環型農法として世界農業遺産に登録されていることを誇りに、循環と共生をキーワードに環境負荷の少ない農業をひろめていくため、梅を使ったスイーツ開発を進めています。世界農業遺産の価値をP […]