エントリー マイページ

地球

その他の社会課題

地球について学ぼう!

探究テーマ別に学習オススメ動画を組み合わせています。

コンテンツが整い次第公開します

過去のファイナリストのプレゼン動画を見てみよう!

ECOを身近に 〜エコグッズを作って地球の未来に貢献しよう〜 2021年度九州北部エリア大会 西日本新聞社賞

ecoを考えるリケジョたち (2021年度 九州北部エリア)

福岡雙葉高等学校

温暖化による絶滅危惧種の増加、マイクロプラスチックの増加で海洋生物が減少していることから、食品用カップとバランをプラスチックから食べられるものに作り替えるというプラン。野菜で作成実験をした結果ジャガイモの試作カップが一番 […]

気候変動に具体的な対策を
私たちが行動する意味 〜私たちの未来は私たちで決める〜 2021年度関西エリア大会 パナソニック賞

高校生エシカル推進委員会 (2021年度 関西エリア)

兵庫県立夢前高等学校

総勢30名で活動する高校生エシカル推進委員会は①高校生による環境漫才②環境と高校生モチーフのキャラクター作成③若者環境アクションの開催などを通して気候変動の影響を最低限に抑えるために行動する意味を伝えている。面白さと楽し […]

気候変動に具体的な対策を
食品循環資源で養豚肥育 伊勢あかりのぽーくでSDGsの輪を! 2021年度東海エリア大会 SDGs Quest アクションアイデア最優秀賞

あかりのプロジェクト (2021年度 東海エリア)

三重県立明野高等学校

地元の食料品製造業から排出される廃棄物を用いて、環境に配慮したエコフィード飼料を開発。畜産業と廃棄物処理、双方の課題を連携により解決し、持続可能な産業を目指す。商品開発・SDGsイベント参加でエコフィードの知名度アップを […]

つくる責任つかう責任
食ロス削減はじめの一歩~地域を繋げ!食ロス削減大作戦~ 2021年度東海エリア大会 朝日新聞社賞

郡上北高校 食品ロス減らし隊リターンズ (2021年度 東海エリア)

岐阜県立郡上北高等学校

①小中学生への呼びかけ②メディアを活用した地域への呼びかけ③廃棄食材の有効活用の3本柱で食品ロス削減を目指す。おからのアップサイクルや賞味期限の切れた防災備蓄品の配布等を行う【駅舎カフェ】を地域企業の協力のもとで開催。

パートナーシップで目標を達成しよう
制服統一の必要性 みなさんの家で制服は眠っていませんか? 2021年度静岡県大会 スギセキ賞

Cardinals (2021年度 静岡県)

静岡県立浜松南高等学校・浜松開誠館中学校

リサイクルされない制服や体操服をなくし、制服や体操服の全国統⼀化(まずは静岡から)を目指すプラン。男⼥共通のシンプルでエコフレンドリーな制服の導入でCO2削減、ジェンダー平等、リサイクルの可能性を考えている。

つくる責任つかう責任
廃油のアップサイクル を通じた循環社会への探究 2021年度首都圏大会 審査員特別賞

ænoia (2021年度 首都圏)

三田国際学園高等学校

家庭から出る廃油を回収し洗剤を製作、各家庭に宅配することで循環型社会を目指す。アフリカの研究所の動画を参考に自ら洗剤を試作。現在はより本格的な製造を目指し、企業と連携して安定的な製造やテストマーケティングに乗り出している […]

つくる責任つかう責任
リフロ 〜今より素敵な1秒後の未来〜 2021年度九州北部エリア大会 SDGs Quest アクションアイデア優秀賞

SophiaFukuoka 1班 (2021年度 九州北部エリア)

上智福岡高等学校

「手のひら,リフロ24h」と題し、コンビニ商品の売れ残り(食品ロス)がリアルタイムでわかるアプリ「リフロ」の開発を提案。アジアで1番食品ロスが多い日本ということを問題視し、大手コンビニとタイアップ、SNSを通じて広めるこ […]

つくる責任つかう責任
皆で作る炭素循環プロセス(カンラン石を用いた地球温暖化防止アクション)

神戸龍谷ブラザーズ (2021年度 関西エリア)

神戸龍谷中学校・神戸龍谷高等学校

カンラン石を⽤いた地球温暖化防⽌策を提案。水と反応させ大気中の二酸化炭素を除去する。個人では花壇やキッチンなど、公共では防潮堤や小型水力発電に取り入れることを考案。簡単に実施できることから、多くの人の意識イノベーションに […]

気候変動に具体的な対策を
貝殻再利用の可能性 2021年度北海道大会 イトイグループホールディングス賞

FilterBlue (2021年度 北海道)

札幌第一高等学校

家庭で廃棄される貝殻(ホタテ・あさり・しじみなど)再利用の可能性を考えたプラン。地産地消を目指し、貝殻を雪道の滑り止め用砂として活用を提案。これにより、食糧廃棄物の削減と環境に配慮された砕石の利用が可能となる。

つくる責任つかう責任